ロッテ 清田、9戦ぶり猛打賞 2点適時打に「いいところで打てた」

[ 2016年6月12日 15:48 ]

<ロ・ヤ>6回裏1死一、二塁から左線に2点タイムリーを放つ清田

交流戦 ロッテ7―1ヤクルト

(6月12日 QVCマリン)
 ロッテの清田が9試合ぶりの猛打賞となる3安打をマークした。

 6回1死一、二塁では3安打目となる左翼線2点二塁打を放ち「これだけ打ててない中でも使い続けてくれている監督に何とか応えたい気持ちしかありませんでした。追加点が欲しい場面だったのでいいところで打てました」と話した。

 試合前までの打率はパ・リーグの規定打席に到達した29選手で最下位の.217。主軸を期待されながら打順は8番に下がったが、復調のきっかけにしたいところだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年6月12日のニュース