高校球児の“お手本” 松井裕「名前を出してもらえるのはうれしい」

[ 2014年8月14日 07:39 ]

<ソ・楽>今季2勝目を挙げた松井裕(左)はファルケンボーグからウイニグボールを受け取る
Photo By スポニチ

パ・リーグ 楽天7-4ソフトバンク

(8月13日 ヤフオクD)
 2年前、桐光学園2年夏の甲子園で1試合22奪三振の大会記録を樹立した楽天・松井裕。母校は神奈川大会で敗退したが、7月中旬には球宴期間の休みを利用して母校を訪問し、野呂雅之監督ら野球部関係者にあいさつした。

 今大会は神奈川県代表の東海大相模の吉田ら、自身のスライダーやフォームを参考にしている投手も多く「名前を出してもらえるのはうれしい」と笑顔で話していた。「甲子園の申し子」は球児からも力をもらっている。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年8月14日のニュース