青木、好投手からマルチ!2安打1犠打で勝利に貢献

[ 2014年8月14日 11:41 ]

アスレチックス戦の3回、右前打を放つロイヤルズ・青木

ア・リーグ ロイヤルズ3―0アスレチックス

(8月13日 カンザスシティー)
 米大リーグ、ロイヤルズの青木は13日(日本時間14日)、カンザスシティーでのブルワーズ戦に「1番・右翼」で出場、3打数2安打1犠打と活躍した。ロイヤルズは3―0で勝った。

 青木は2年連続2桁勝利の左腕カズミアーを相手に第1打席で左前打を放つと、3回の第2打席では右前打を放ち、続くインファンテの2ランで先制のホームを踏んだ。5回には無死一塁から投前に送りバントを決め、貴重な追加点に結び付けた。7回は一ゴロに倒れ、ベンチに下がったが、チームの勝利に貢献する働きだった。

 ▼青木の話 自分の打撃がここ最近、できるようになった。この感じで毎日、必死にやりたい。連敗しないようにと思っていたが、こういう試合ができたのは大きい。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年8月14日のニュース