和田、2発浴びるもメジャー2勝目!6回2/3を5安打2失点

[ 2014年8月14日 11:43 ]

ブルワーズ戦に先発したカブスの和田(AP)

ナ・リーグ カブス―ブルワーズ

(8月13日 シカゴ)
 米大リーグ、カブスの和田は13日(日本時間14日)、本拠地シカゴでのブルワーズ戦に先発、6回2/3を5安打2失点、5奪三振と好投し、今季2勝目を挙げた。カブスは4―2で勝った。

 初回を3者凡退に抑えた和田は2回に先頭のラミレスに中前打を許したが、デービスを右飛、ウィークスを遊ゴロ併殺に仕留めて無失点。3回にも先頭のマルドナドに二塁打を許したが、後続を断ち、続く4回には2死からラミレスへの四球とデービスの中前打で一、二塁のピンチを招いたが、ウィークスを空振り三振に仕留め、無失点で切り抜けた。

 5、6回はともに3者凡退に抑えた和田だが、4点リードで迎えた7回2死からウィークス、マルドナドに連続でソロ本塁打を被弾して降板したが、救援陣がリードを守り切った。

 渡米3年目の和田は6月22日(日本時間23日)のメジャー契約を結び、7月8日のレッズ戦で初登板、同28日のロッキーズ戦で初勝利を挙げ、この日は6試合目の登板だった。

 ▼和田の話 内のスライダーが良かった。懐を攻めていかないと抑えられない。(七回に許した2本塁打は)そこまで悪い球じゃなかった。メジャーのバッターはすごいと痛感した。まだまだレベルを上げていかなきゃいけない。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年8月14日のニュース