ヤク川端 球団タイ9戦連続打点 連続試合安打も19に

[ 2014年8月14日 05:30 ]

<広・ヤ>7回2死一、三塁、川端(右)は左前に適時打を放つ

セ・リーグ ヤクルト3-7広島

(8月13日 マツダ)
 敗戦の中でヤクルト・川端が球団記録に並ぶ9試合連続打点をマークした。

 2―7の7回2死一、三塁から左前適時打。3打席抑えられていたバリントンから第4打席で放った一打に「タイミングが合っていなかった中で、何とか粘って打点が付くところで打てたことはあすにつながる」と前を向いた。連続試合安打も「19」に伸ばした3番打者に、真中チーフ打撃コーチも「3番が機能するとチームがいい。コンディションも維持できている」と評価していた。

 ▼ヤクルト・山田(5回に22号ソロ)うまく反応して打つことができた。状態は悪くない。

 ▼ヤクルト・ナーブソン(4回5失点で8敗目)広島打線は球種にかかわらず初球、2球目を振ってきたが、それに対応できなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年8月14日のニュース