岩隈11勝目!ムネリンとの対決は2打数無安打1四球

[ 2014年8月14日 13:52 ]

ブルージェイズ戦に先発したマリナーズの岩隈(AP)

ア・リーグ マリナーズ2―0ブルージェイズ

(8月13日 シアトル)
 マリナーズの岩隈はブルージェイズ戦に先発し、6回2/3、101球を投げ5安打無失点で11勝目(6敗)をマーク。

 岩隈は毎回のように走者を背負うが、要所を締め、初回にモラレスの3号2ランで援護を受けた2点を守り抜いた。マリナーズは2―0で勝って4連勝。

 マリナーズの投手陣は球団記録となる12試合連続して1試合3失点以下を続けており、ワイルドカード争いをしているブルージェイズに3連勝。13年ぶりプレーオフ進出に向け奮闘している。

 岩隈とかつてマリナーズでチームメートだったブルージェイズの川崎は「7番・二塁」で先発出場。2回の第1打席は二ゴロ。2死一、二塁で迎えた4回の第2打席は、暴投で二、三塁とチャンスが広がったが、空振り三振に倒れ、7回は四球で出塁した。川崎は9回には一塁内野安打で出塁し、3打数1安打、1四球、1三振だった。

 ブルージェイズは3連敗で、ア・リーグ東地区首位のオリオールズとの差が7・5ゲーム差に広がった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年8月14日のニュース