利府・万城目 挽回V打 第2打席スクイズ拒否も三振

[ 2014年8月14日 05:30 ]

<利府・佐賀北>6回2死満塁、利府・万城目は福井から中前に2点適時打を放つ

第96回全国高校野球選手権1回戦 利府4―2佐賀北

(8月13日 甲子園)
 借りを返すには、この打席しかなかった。2―2の6回2死満塁。利府の1番・万城目(まんじょうめ)が追い込まれながら直球を中前にはじき返した。勝ち越しの2点打に「つないでくれたので、決められて良かった」と胸をなで下ろした。

 3回の第2打席、1死三塁の場面。打席に向かう前に穀田長彦監督から「スクイズする」と耳打ちされたが「打ちたいです」と返した。結果は見逃し三振。5回に先制の中越え適時三塁打を放ったが、まだ足りなかった。貴重な一打に指揮官は「貸しがあったので必ず打ってくれると思っていた」と笑った。

 昨年11月、自身は1年生ながら主将に指名された。今春の宮城県大会までの半年間、胃腸炎になるほど悩んだこともあり、練習試合では20打席以上も無安打に陥った。そんな姿を見た指揮官は、3年生の上野に主将を任せた。2年生の前主将・万城目は「野球に集中できている。主将は今ではいい経験だった」と振り返った。

 チームは7犠打を決めるなど普段着野球で夏1勝をつかんだ。09年センバツでは先輩たちが初出場で4強入りを果たした。利府ナインの思いは一つ。先輩を超え、歴史を塗り替える。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年8月14日のニュース