巨人 今季初対戦の藤浪をきっちり攻略「打つべき球を打てた」

[ 2014年8月14日 23:06 ]

セ・リーグ 巨人4―1阪神

(8月14日 東京D)
 巨人は今季初対戦の藤浪から2点をもぎ取って白星を挙げた。初回は先頭打者の長野が二塁打で出塁し、1死三塁から坂本がフェンス直撃の二塁打で先制。1―1の4回1死満塁では井端の犠飛で1点を奪った。

 勝ち越しの打点をマークした井端は「大事に反対方向へ打ち返すことができた」と満足げ。7回まで3安打と苦戦したものの少ない好機をものにし、川相ヘッドコーチは「打つべき球を打てた」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年8月14日のニュース