西武・森 逆方向にプロ1号!田辺監督代行「見たことがない」

[ 2014年8月14日 22:57 ]

<西・オ>8回1死、プロ1号となる左越え本塁打を放つ森

パ・リーグ 西武4―9オリックス

(8月14日 西武D)
 西武のドラフト1位新人の森がプロ初本塁打を放った。8回1死走者なしから代打で起用され、外角速球をはじき返して逆方向の左翼席に運んだ。パンチ力を見せつけたアーチに「入るとは思わなかった。率直にうれしい」と頬を緩めた。

 プロ8打席目で飛び出た一発だった。大阪桐蔭高から入団し、8日に19歳になったばかりの捕手は「ちょっと早すぎますね」と謙虚だったが、田辺監督代行は「たいしたもの。高卒新人であれだけ対応するのは見たことがない」と賛辞を惜しまなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年8月14日のニュース