中日・荒木 大暴れ!技と読みに加え足でも魅せた

[ 2014年8月14日 05:30 ]

<中・D>5回1死二、三塁、荒木は左中間に2点二塁打を放つ

セ・リーグ 中日5-4DeNA

(8月13日 ナゴヤD)
 揺れ動いていた勝利の女神をグイッと振り向かせたのは、ベテランの技と読みと足だった。中日・荒木が2点二塁打に2四球、2盗塁と大暴れ。2つの盗塁をいずれも得点に結びつけ、接戦勝利の立役者となった。

 「いいところで打てて良かった。足は去年からずっと意識して鍛えてきたし、疲れていても動けていると思う」

 序盤から再三のチャンスをものにできず1―3で迎えた5回。1死二、三塁の絶好機で左中間への同点二塁打。さらに、森野の四球後、ルナへの山口の初球で三盗を決めた。これが生き、ルナの左犠飛で勝ち越しのホームイン。4―4の7回にも先頭で四球で出塁。二盗、タッチアップで三塁に進むと、平田の三塁へのボテボテの内野安打で、決勝のホームを陥れた。

 4打数無安打だった前日は、8回の守備から交代。高橋周が今季初めて遊撃に入り、遊撃のエルナンデスが二塁に回る新シフトが試された。長年チームを支えてきた名手にも、定位置は約束されていない。「ここからはもう1つエンジンをかけなおして、気を引き締めてやりたい」。36歳の存在感が際立つ夜だった。

 ▼中日・谷繁兼任監督(シーソーゲームに競り勝ち)荒木があの場面で一振りで決めてくれたけど、それまでの進め方でちょっと下手を打った。もうちょっとスムーズに思い通りに進められたらね。

 ▼中日・浜田(5回2/3を3安打3失点も勝敗つかず)先頭打者を出して、チームが乗って行こうとしているところに水を差してしまった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年8月14日のニュース