レンジャーズ 両リーグトップ4度目サヨナラ マルティン劇打

[ 2014年4月18日 05:30 ]

<レンジャーズ・マリナーズ>2回一、二塁、アブラハム・アルモンテの適時打でベースカバーに入るダルビッシュ(右)は思わず声を上げる
Photo By スポニチ

ア・リーグ レンジャーズ3―2マリナーズ

(4月16日 アーリントン)
 レンジャーズ打線は土壇場で逆襲し、逆転サヨナラ勝ちを飾った。

 8回先頭のマルティンが右翼線三塁打を放ち、ようやくヘルナンデスを降板させた。この回1点を返して1点差に。9回は2死走者なしから走者をため、相手の暴投の間に同点。なお二、三塁からマルティンが左前へサヨナラ打を放った。両リーグトップとなる、今季早くも4度目のサヨナラ勝ち。殊勲のマルティンは「何が起きたか信じられなかった。信じられない勝利だ」と興奮を隠せなかった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年4月18日のニュース