20歳今村 1勝 原監督合格点「粘り強く投げた」

[ 2014年4月18日 05:30 ]

右越えにソロ本塁打を放ち、ベンチの祝福を受ける阿部(左)

セ・リーグ 巨人5-3ヤクルト

(4月17日 神宮)
 20歳の巨人・今村が7回を6安打3失点。今季初先発で初勝利を挙げた。

 バレンティンに2本塁打されたことには「ボールも高かった」と反省したが、5番の飯原を3打数無安打に封じ「次の打者にへこまずに集中して強い気持ちで投げられた」と笑った。宮崎キャンプで左肩を痛めて出遅れたが結果を出し、原監督も「課題はあるだろうけど、粘り強く投げたと思う」と合格点を与えた。プロ2勝目だが、今季の目標は2桁勝利だけに左腕は「まだ完璧な勝利ではなかったので、次に修正したい」と先を見据えていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年4月18日のニュース