今季交流戦はセ、パでDH制逆転 10年目の特別企画

[ 2014年4月18日 15:46 ]

 セ、パ両リーグは18日、今季の交流戦は指名打者(DH)制を普段のリーグ戦とは入れ替え、セの主催試合で採用し、パの主催試合では解除すると発表した。交流戦10年目の特別企画として行われる。

 普段見られない形式の試合をファンに提供することが目的で、日本プロ野球選手会が発案した。

 今季の交流戦は5月20日にパの本拠地6球場で開幕し、6月22日まで昨季と同様に各カード4試合(ホーム、ビジター各2試合)で、各チームが計24試合を戦い、計144試合を行う。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年4月18日のニュース