金子 好投も2勝目ならず「リズムいい投球できなかった」と反省

[ 2014年4月18日 22:47 ]

<西・オ>オリックス先発の金子

パ・リーグ オリックス2―1西武

(4月18日 西武D)
 オリックスの金子は8回途中まで無失点の好投だったが、2勝目はならなかった。「結果的に0点に抑えることはできたが、走者を出すイニングが多くリズムのいい投球ができなかった」と反省した。

 3回以外は毎回走者を出す苦しい投球だったが、9三振を奪うなど要所を締めて踏ん張った。8回には2安打と四球で1死満塁となったところで降板し「野手の良いプレーと、後を抑えてくれた比嘉さんに感謝」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年4月18日のニュース