最下位に沈むレッドソックス 主砲と守護神復帰で連覇へ巻き返し

[ 2014年4月18日 15:36 ]

勝利を喜ぶレッドソックスの上原とナポリ

ア・リーグ レッドソックス3―1ホワイトソックス

(4月17日 シカゴ)
 今季ここまで7勝9敗で、ア・リーグ東地区でレイズと同率最下位に沈んでいる昨季のワールドチャンピオン、レッドソックス。主砲と守護神の復帰で連覇へ向けて巻き返しをはかる。

 15日のホワイトソックス戦で9回、二塁へのスライディングの際に左手薬指を脱臼した主砲のマイク・ナポリだが、1試合欠場したのみで17日に復帰。早速、1安打を記録してこの日の勝利に貢献した。ジョン・ファーレル監督によると、まだ指に違和感があるものの腫れはひいているために出場させたとのこと。
 
 守護神の上原も右肩の違和感から8試合ぶりの復帰登板で今季3セーブ目を記録。自身のツイッターでは「投げてきました 怖かったぁ… 勝ってよかった」と安堵を見せていた。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年4月18日のニュース