キャプティ15年ぶり決勝進出 4番・日下が逆転満塁弾

[ 2014年4月18日 05:30 ]

スポニチ後援白龍旗争奪野球第5日

(4月17日 東京ドーム)
 キャプティは4番の新人・日下が逆転満塁弾を放ち、15年ぶりの決勝に進んだ。

 1点を追う8回2死満塁、フルカウントからチェンジアップを豪快に右翼席へ。「まさか入るとは。先輩たちのアドバイスのおかげ」と笑顔を見せた。日大三3年夏には甲子園出場。亜大を経て、長打力を買われて4番に座る。長嶺雄介監督は「よく打ってくれた」と称えた。

 ▽準決勝 キャプティ(設備)5―2リコー・厚木事業所(光学)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年4月18日のニュース