谷繁政権初サヨナラ!2年ぶり貯金、4番抜てき平田が決めた 

[ 2014年4月18日 05:30 ]

<中・D>9回1死二塁、右前にサヨナラ打を放ち飛び上がって喜ぶ平田。手前は小田

セ・リーグ 中日6-5DeNA

(4月17日 ナゴヤD)
 「自分で決める!」という強い気持ちが、中日・平田を外角低めのボール球に食らいつかせた。5―5の9回1死二塁。4番の執念の右前適時打で、谷繁政権初のサヨナラ勝ちを飾った。

 「最高のゲームやったです。絶対に自分で決めてやるんだという気持ちで打席に立った。(抜けた瞬間に)ヒーローや、と思いました」

 お立ち台での平田節も全開だ。就任1年目の4番に抜てきした若竜の劇的打に、谷繁兼任監督も思わずベンチを飛び出し大喜び。「すみません。監督ってこと忘れてました。ダメだった。コーチと握手しないといけなかった。前代未聞でしょ。監督が(歓喜の)輪の中に入ったのは」と照れ笑いだ。

 ナゴヤドームでは7連勝となり、昨季1度もなかった貯金1。12年ぶりのBクラスに沈んだ昨年の呪縛を、まずは1つ解いてみせた。

 ▼中日・ルナ(平田の浅い右前打で二塁から激走し、間一髪でサヨナラのホームイン)アグレッシブな走塁がオレのスタイル。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年4月18日のニュース