村田 7戦ぶり打点「きょうは必死でした」

[ 2014年4月18日 05:30 ]

セ・リーグ 巨人5-3ヤクルト

(4月17日 神宮)
 巨人・村田が7試合ぶりの打点を挙げた。

 1点リードの9回1死三塁から、石山の外角低めのスライダーを膝を折りながら捉える左中間二塁打。リードを広げる貴重な一打に「きょうは必死でした」と笑顔をのぞかせた。全17試合で4番を務めながら6打点。好機で1本が出なかっただけに「これから、もっと打ちたい」と話した。

 ▼巨人・アンダーソン(初回に15打席ぶり安打となる中前適時打含む3安打)原監督が我慢して使ってくれたおかげ。センター返しを心掛けた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年4月18日のニュース