能見「出せる力は全て出した」 バレ封じて3連勝

[ 2014年4月18日 22:59 ]

ヤクルト戦に先発した阪神・能見

セ・リーグ 阪神4―2ヤクルト

(4月18日 甲子園)
 阪神の能見は自身3連勝でチームの連敗を止めた。小川とのエース対決も制し「出せる力は全て出していって勝ててよかった」と頬を緩めた。

 5回2死までパーフェクトだった。さらに全て回の先頭で対戦したバレンティンを2三振、中飛と完全に封じた。和田監督は「バレンティンの前に走者を置かなかったことが要因」とたたえた。

 ▼呉昇桓(完璧なセーブに)「日本に来てから一番良かった。球の力が段々上がってきている」

 ▼大和(3安打)「(前カードの)広島で良くなかったので次につながる」

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年4月18日のニュース