三浦 自己ワースト5発浴び降板…22年連続勝利はお預け

[ 2014年4月18日 20:13 ]

<D・広>6回2死二塁、広島・石原に左越え2ランを浴びたDeNA先発・三浦は打球の行方を見つめる
Photo By スポニチ

セ・リーグ DeNA2-11広島

(4月18日 横浜)
 DeNAの三浦が18日、横浜で行われた広島戦に先発し、6回109球を投げ、10安打6失点。2―6の7回からマウンドを譲った。

 三浦は今季3度目の登板だったが、広島打線に自己ワーストとなる5本塁打を許す苦しい内容で、22年連続勝利はまたしてもお預けとなった。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年4月18日のニュース