ペーニャ2戦連発!苦手克服、また右投手から打った

[ 2014年4月18日 19:02 ]

<西・オ>2回無死、ペーニャ(右)は先制の本塁打を放ちT―岡田に出迎えられる
Photo By スポニチ

パ・リーグ オリックス―西武

(4月18日 西武D)
 オリックスのペーニャが2試合連続となる本塁打で先制点をたたき出した。

 2回の先頭で登場すると、岸のチェンジアップを左翼ポール際に運ぶ9号ソロ。「ストライクとボールの見極めを意識していた。速いボールにタイミングを合わせていたんだけど、チェンジアップにうまく反応できた」と先制弾を喜んだ。

 前日に日本ハムの谷元から8号を放ち、今季初めて右投手から本塁打を記録。それまでは右投手が苦手のレッテルを貼られていたが、西武のエース岸からも放ち、汚名返上となった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年4月18日のニュース