マシソン バレにお返し三振斬り「物凄く興奮していた」

[ 2014年4月18日 08:17 ]

<ヤ・巨>最後の打者を打ち取りハイタッチするマシソン(右)と阿部

セ・リーグ 巨人5-3ヤクルト

(4月17日 神宮)
 神宮球場が異様な雰囲気に包まれた。2点差の9回。巨人の三塁側ブルペンからマウンドに向かったのは巨人・マシソンだ。先頭打者はバレンティン。前夜9回2死から同点ソロを浴び、罵声を浴びせ合って乱闘寸前となった因縁の相手だった。

 「バレンティンが先頭打者と分かっていた。アドレナリンが出て、物凄く興奮していた」

 ただ、頭は冷静だった。初球の速球でファウルを取った後は、4球連続のスライダー。最後は外角低めに決まると、一塁塁審に人さし指をクルクルと回して、スイングポーズ。空振り三振にガッツポーズをつくった。3日連投でも、最速155キロを記録。1回1安打無失点で2年ぶりのセーブを挙げ「きのうやられた打者にリベンジができて良かった」と胸を張った。

 大胆な配置転換。防御率では西村の1・29に対し、マシソンは11・00。だが、原監督は数字上に見えない球威や、戦う姿勢を見ていた。「結果的に打たれることはあったが、彼は常にファイティングスピリッツを持っているから」と説明。昨季セーブ王の西村に固執しない柔軟な発想で、崩壊していた救援陣に落ち着きをもたらした。

 川口投手総合コーチは「いい投手を(クローザーに)起用するということ」と話しており、今後も西村の状態が上がるまで、マシソンが守護神を務める。昨年の投球フォームをビデオでチェック。左肩の開きと上体が突っ込む点を、マウンドの後方から傾斜を上りながら投げるような練習で修正してきた。

 「メカニックも安定してきた」とマシソン。バレンティンに雪辱したことよりも大きいのは、自信を取り戻したことだ。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年4月18日のニュース