杉内→福田 日本ワーストタイ記録5連続四球は10年ぶり18度目

[ 2013年7月28日 08:34 ]

<中・巨>5回、福田(中)は平田に押し出しの四球

セ・リーグ 巨人9-3中日

(7月27日 ナゴヤD)
 巨人は5回、杉内が3連続、続く福田が2連続与四球。チーム5連続与四球は、03年7月26日に阪神が中日戦の6回に吉野が5連続で与えて以来、10年ぶり18度目のプロ野球ワーストタイ記録。

 巨人では78年5月23日大洋戦の4回に小林4、小俣1と2投手で記録して以来、35年ぶり2度目の不名誉になった。

 前回は投手陣の乱調が響き3―7で敗れたが、この日は逆転勝ち。イニング5連続で四球を与えたチームが勝ったのは、91年5月23日に西武がロッテ戦で7―6と下して以来4度目。セでは過去5度あって全て敗れており、勝ったのは巨人が初めて。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月28日のニュース