前橋育英 2年生エースが完封&ソロ本塁打

[ 2013年7月28日 16:34 ]

群馬決勝 前橋育英3―0東農大二

(7月28日 上毛新聞敷島)
 前橋育英は2年生エース高橋光の投打にわたる活躍で夏の甲子園初出場を決めた。

 前日の準決勝に続く登板でスタミナを考え、力まずにコーナーを丁寧に攻めた。7回に1死満塁のピンチを迎えるも、後続を断ち完封した。

 2点を先制した後の4回には、自らリードを広げるソロ本塁打。最後の打者からは、自己最速となる148キロの直球で見逃し三振を奪い「ピンチでも落ち着いて投げることができた。(甲子園では)自分に負けないようにしたい」と笑顔で話した。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2013年7月28日のニュース