ソリアーノ復帰即「4番・左翼」5打数無安打も大声援

[ 2013年7月28日 06:00 ]

レイズ戦で外野の守備に向かうヤンキースのイチロー(左)と、カブスから獲得したソリアーノ

ア・リーグ ヤンキース6―10レイズ

(7月26日 ニューヨーク)
 ヤンキースが獲得を発表し、10年ぶりに古巣に復帰したソリアーノは即「4番・左翼」で出場した。

 カブスからのトレード移籍が成立し、早朝にニューヨークに到着も「このユニホームを着れば疲れはないよ」と笑った。通算389本塁打の右の大砲。復帰戦は2度の満塁機で凡退するなど5打数無安打だったが、ヤンキースタジアムで大声援を浴び「昔は古い球場で二塁を守っていた。今は新しい球場でレフト。以前とは違った感覚だったけど、僕にはいい一日だった」と語っていた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2013年7月28日のニュース