日川 相手主砲封じて3年ぶりの甲子園 目標は「聖地での1勝」

[ 2013年7月28日 06:00 ]

山梨大会決勝 日川8―5日本航空

(7月27日 小瀬)
 昨秋の県大会覇者・日川がノーシードから勝ち上がった日本航空を下し、3年ぶり4度目の甲子園出場を決めた。

 打線は全て2死から得点する粘りの攻撃で8点を奪い、池谷(いけや)公雄監督は「昨秋みたいなバッティングが戻ってきた」と笑顔。1メートル94の長身右腕・山田は7安打5失点ながら完投した。

 最速146キロの直球を武器に内角攻めを徹底。6死球を記録したが、4戦連発で5本塁打の日本航空の4番・金沢を4打数1安打に抑えた。創立112年の県内屈指の伝統校だが、過去3度の出場ではいずれも初戦敗退。目標を「聖地での1勝」とした池谷監督は「他県のチームと対等にできるチームには仕上がっている」と手応えを口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月28日のニュース