菅野「普通に、代わるからと言われた」プロ初完封逃すも2桁王手

[ 2013年7月28日 17:58 ]

<中・巨>巨人先発の菅野

セ・リーグ 巨人1―0中日

(7月28日 ナゴヤD)
 巨人のルーキー菅野が二塁も踏ませぬ好投で7回を2安打無失点に抑え、今季9勝目。初のナゴヤドームのマウンドで会心の投球を披露し「すごく自分に合っている」と笑顔を見せた。

 3、4、5回と走者を出したがいずれも併殺に仕留めてピンチ脱出。リズムのいい投球で7回まですべての回を3人で片付け、「先に点を与えないことを考えた。ランナーを背負ってからが勝負だと思っていたので、うまくゲッツーが取れた」と振り返った。7回まで費やした球数は85球。プロ初完封も見えていたが、1点リードの8回2死満塁、1度は打席に入りながら2ボールになった場面で代打・高橋由を送られた。原監督は「予定通り」だったと言い、菅野も「普通に『代わるから』と言われた」。「後ろには頼れる先輩がたくさんいる」と気持ちを切り替え、ベンチでリリーフ陣を見守った。

 「いつも最後まで投げるつもりでマウンドに上がっている」という菅野。「待ってくれているファンの方もいるので、なるべく早く」と初完封へ決意を新たにした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月28日のニュース