明徳義塾 3年連続同一カード制す 馬淵監督「理想通りの展開」

[ 2013年7月28日 06:00 ]

高知大会決勝 明徳義塾2―1高知

(7月27日 高知県営春野)
 センバツ4強の高知との接戦を制し、明徳義塾が4年連続15回目の夏の甲子園出場を決めた。

 3年連続同一カードでの決勝。先発した岸が8安打を浴びながら、要所を締めて1失点で完投した。馬淵史郎監督は「うちの理想通りの展開。岸は攻める気持ちを忘れなかった」と一本立ちした2年生右腕をたたえた。

 打線は5回、四球で出た走者を二塁に進め、1番・矢野の三塁打で先制。7回も2死から四球の走者を得点に結び付ける巧者ぶりを発揮した。「打撃に課題は残るが、甲子園に出ても恥ずかしくないチームにはなった」と指揮官。岸は「昨年のベスト4に満足していない。甲子園では優勝を目指す」と意気込んだ。
 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月28日のニュース