高木監督あきれた「ひどい内容」タナボタで逆転したのに

[ 2013年7月28日 06:00 ]

<中・巨>高木監督は眼鏡を外し厳しい表情で試合を見つめる

セ・リーグ 中日3-9巨人

(7月27日 ナゴヤD)
 中日は投打とも精彩を欠く逆転負けで4位転落。高木監督は「ひどい内容ですよ」と吐き捨てるだけだった。

 1点を追う5回、1死からプロタイ記録の5連続四球で押し出しの2点をもらい、逆転に成功。しかし直後の6回に左第11肋骨骨折からの復帰登板となった先発・カブレラが1死一、二塁のピンチを招いて降板すると、2番手・高橋聡が中井に逆転3ランを被弾した。指揮官はカブレラの替え時ともに「“どうぞ点取って下さい”と言われとるようなもん」と2点で終えた5回の攻撃を悔やんだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月28日のニュース