習志野逆転負け エース救援も打ち込まれ「自分の夏が終わった」

[ 2013年7月28日 06:00 ]

千葉大会決勝 習志野5―6木更津総合

(7月27日 QVCマリン)
 習志野はエースで4番の松山が2回から救援したが、8回を10安打5失点。打撃でも3打数無安打と力を発揮できず、2年ぶりの甲子園出場はならなかった。

 「ふがいないです。自分の夏が終わった」と肩を落とした。メンバーで唯一甲子園を経験している松山は「プロに1年でも早く行きたい」と新たなステージを見つめた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月28日のニュース