イチ連続安打止まる 現地記者席では記録資料集も

[ 2013年7月28日 06:00 ]

レイズ戦の1回、投直に倒れるヤンキースのイチロー

ア・リーグ ヤンキース6―10レイズ

(7月26日 ニューヨーク)
 ヤンキースのイチローは3打数無安打に終わり、1―10の8回守備から退いた。初回に痛烈な当たりを放つも投直。前日に日米通算4000安打へ残り20としたが、連続試合安打は5で止まった。

 エース左腕サバシアが5回7失点で9敗目。ジョー・ジラルディ監督は「全ての球種のコントロールが悪かった」と嘆いた。この日からヤンキースタジアムの記者席にはイチローの記録に関する資料集が用意された。現在、他に個人記録の資料があるのは通算最多セーブ記録を更新中で、今季限りでの引退を表明しているリベラだけ。偉業達成が近づき、周囲の注目度も高まってきた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月28日のニュース