履正社 先発全員17安打10点 大阪桐蔭に再度挑む

[ 2013年7月28日 06:00 ]

大阪大会準決勝 履正社10―0東大阪大柏原

(7月27日 舞洲)
 履正社は東大阪大柏原を相手に先発全員の17安打で10得点。投げても東―阪本の完封リレーで7回コールド勝ちし、2年連続で決勝に進出した。

 チームをけん引したのが、3番の宮崎で3安打2打点。中学時代は大阪桐蔭の森友と同じ堺ビッグボーイズに所属し「(顔が)森に似ていると言われる」という。

 昨夏は決勝で大阪桐蔭に敗退。元同僚との再戦に向け「最後にもう一回、森とやれる。いい選手になったと、言わせたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月28日のニュース