大阪桐蔭 圧勝で決勝進出 主砲近田が復調

[ 2013年7月28日 06:00 ]

<大阪桐蔭・関西創価>大阪桐蔭の試合を観戦するため舞洲ベースボールスタジアムを訪れた藤浪

大阪大会準決勝 大阪桐蔭7―1関西創価

(7月27日 舞洲)
 大阪桐蔭は関西創価に圧勝して決勝進出。3試合ぶり出場の近田が先制三塁打を含む2本の長打で2打点と活躍した。

 「やっと貢献できました」という4番は、今春センバツは大会直前の右手首骨折で出場できず、今夏も不振でここ2試合はベンチを温めていた。

 決勝は昨年に続いて履正社との対決。主将の森友哉は「今まで期待できなかった近田が打った。決勝でも打ってくれそう」と主砲の復調がうれしそうだった。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年7月28日のニュース