川端決勝満弾1号「まさか本塁打になるとは…」

[ 2013年7月28日 06:00 ]

<広・ヤ>8回、2死満塁、川端(左から2人目)は右中間に勝ち越し満塁弾を放ち生還する

セ・リーグ ヤクルト7-3広島

(7月27日 マツダ)
 ヤクルトの川端が決勝の満塁弾を放った。8回に岩村、田中浩の連続適時打で同点。なおも2死満塁で野村の138キロ直球を右翼席に叩き込んだ。

 今季1号が2年ぶりのグランドスラム。「最高に気持ちいい。まさか本塁打になるとは…」と喜んだ。左足首手術で開幕から出遅れ、今月9日に初出場したばかり。最近3試合で13打数2安打と不振だったが、最高の一発に「変わるかもしれない」と手応えを口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月28日のニュース