浦和学院 燃えた6番「間違いじゃなかったと証明しろ」で決勝打

[ 2013年7月28日 06:00 ]

5安打完封した浦和学院の小島

埼玉大会準決勝 浦和学院1―0聖望学園

(7月27日 県営大宮)
 今春のセンバツ覇者浦和学院が、聖望学園との投手戦を1―0で制した。

 9回2死二塁で6番・斎藤が、低めの直球を振り抜いて右中間へ適時三塁打。聖望学園には中学時代に所属した武蔵狭山ボーイズの仲間が6人おり、前日に森士(おさむ)監督から「浦学に来たのは間違いじゃなかったと証明しろ」とハッパをかけられ、その期待に応えた。

 埼玉平成との準々決勝で完全試合を達成した小島は直球主体の投球で5安打完封。21イニング連続無失点中の左腕は「ロースコアのゲームを勝てて良かった」。春夏連続の甲子園出場へ王手をかけ、指揮官は「“敵は我にあり”の気持ちで戦いたい」と気を引き締めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月28日のニュース