山崎不振で抹消 進退はあらためて本人一任

[ 2013年7月28日 06:00 ]

 中日の山崎武司内野手(44)が27日、成績不振のため、出場選手登録を抹消された。

 今季2度目の抹消となるが、井手峻球団代表(59)は、進退についてはあらためて本人に一任する方針を示した。井手球団代表は昨年10月に坂井球団社長らとともに山崎をはじめ山本昌、岩瀬、川上のベテラン4選手と面談。すでに「引退」への考え方を調査している経緯があるだけに「本人の問題じゃない?こちらから、言うことは何もない」と話した。山崎はかねて現役続行の強い意志を持っているため、2軍で再調整に励むことになるが、厳しい現実を突きつけられた格好だ。 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月28日のニュース