ソフトバンク 斉藤和巳コーチ 復帰断念へ 肩故障いえず

[ 2013年7月28日 23:22 ]

 右肩の故障から復活を目指してきたプロ野球ソフトバンクの斉藤和巳リハビリ担当コーチ(35)が現役復帰を断念する見通しであることが28日、明らかになった。近日中にも記者会見を行う。

 2003年に20勝、06年は18勝を挙げ、いずれの年も沢村賞、最多勝、最優秀防御率のタイトルを獲得したが、右肩を痛めて07年を最後に実戦登板がなかった。

 斉藤コーチは1996年に南京都高(現京都広学館高)からドラフト1位でダイエー(現ソフトバンク)に入団し、通算成績は79勝23敗。08年から手術を重ねて現役復帰を目指したが、10年を最後に自由契約となって支配下選手枠から外れた。その後はコーチを務めながらリハビリを続け、再起を目指していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月28日のニュース