涌井1カ月ぶり登板も背信「良い流れ壊して申し訳ない」

[ 2013年7月28日 06:00 ]

<西・オ>3回無死一、二塁、坂口の打球を捕れず、先制適時打を許す西武先発・涌井

パ・リーグ 西武2-7オリックス

(7月27日 西武D)
 6月27日の楽天戦(大宮)以来1カ月ぶりに1軍で登板した西武の涌井だったが、6回5失点で5敗目を喫した。

 2回までは無難に滑り出したが、3回に4安打を集中され5失点。甘く入ったスライダーを狙われた。渡辺監督は「下(2軍)に落ちる前と同じ投球をしている」とバッサリ。涌井も「良い流れを壊してしまって申し訳ない」と肩を落とした。それでも、フォークの精度には手応えを得たようで「(2軍に)落ちる前よりは少しだけ良くなった。また1週間頑張っていきたい」と次回登板での雪辱を誓った。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2013年7月28日のニュース