星稜 決勝進出 34年前の激闘をもう一度

[ 2013年7月28日 06:00 ]

石川大会準決勝 星稜3―0寺井

(7月27日 石川県立)
 星稜が寺井を下して、決勝進出を決めた。林和成監督は「守備陣が無失策で頑張ってくれた。難しい当たりもあったが、安打にせず守ってくれた」と、守り勝ちを強調した。

 エースの岩下は打たせて取る投球に「あすの決勝戦を考えれば、球数が少なかったことがよかった」と話した。1979年に延長18回の死闘を演じた箕島が和歌山代表となっただけに、28日に行われる遊学館との一戦に注目が集まる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月28日のニュース