イチロー唯一の好機生かせず、ヤ軍2安打で敗戦…「今晩考えます」

[ 2013年7月28日 07:47 ]

レイズ戦の6回、2死二塁で空振り三振に倒れるヤンキースのイチロー

ア・リーグ ヤンキース

(7月27日 ニューヨーク)
 ヤンキースのイチローは27日(日本時間28日)、ニューヨークでのレイズ戦に「2番・右翼」で出場し、4打数無安打で2試合連続ノーヒットとなった。日米通算4000安打達成へは残り20本のまま。打率は2割7分となった。

 イチローは1回1死走者なしで中飛、4回は1死から三ゴロ失策で出塁も次打者カノが併殺に倒れた。0―1の6回2死二塁では、カウント1―2から外角の速球にバットを止められず、ハーフスイングで三振。チームが得点圏に走者を進めたのはこの回だけだったが、その好機を生かせなかった。9回2死からは最後の打者で投ゴロに終わった。

 チームはレイズの2年目右腕アーチャーの前にわずか2安打に終わり、0―1で敗れて2連敗。

 ▼イチローの話(アーチャーに2安打完封を喫し)スライダーがいいんじゃない。(苦しいチームがやるべきことは)今晩考えます。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月28日のニュース