日大三・大場 2安打完封も「毎試合、完全試合狙っている。85点」

[ 2013年7月28日 17:04 ]

第95回全国高校野球選手権西東京大会決勝 日大三5―0都日野

(7月28日 神宮)
 日大三は大場が散発2安打で無四球完封し、都立勢で33年ぶりの夏の甲子園を狙った日野を阻んだ。140キロを超す直球で押し、二塁を踏ませない快投だったが「毎試合、完全試合を狙う気持ちでやっている。ヒットを打たれたので八十五点」とエースは自分に厳しかった。

 2年前は吉永(現早大)を擁して全国制覇。昨年は初戦敗退だった。小倉監督は「日野の勢いが怖かったが、大場が止めてくれた。甲子園では、まず初戦をしっかり戦いたい」と謙虚に目標を語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月28日のニュース