春日部共栄 苦し勝った…暴投で逆転「これが夏」

[ 2013年7月16日 06:00 ]

埼玉大会3回戦 春日部共栄6―3浦和西

(7月15日)
 春日部共栄が苦しみながらも初戦を突破した。浦和西相手に6回までリードを許したが、7回に2つの暴投で逆転。本多利治監督は「打線はもっと早く打ってほしかったが、これが夏ですね」と苦笑いで振り返った。

 6回から3番手でマウンドに上がったエース・西沢は4回2安打無失点の好投を見せ「絶対に負けたくなかった」と胸をなで下ろしていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年7月16日のニュース