関東第一 背番号「10」醍醐“隠して”7回11K

[ 2013年7月16日 06:00 ]

東東京大会3回戦 関東第一7―0早稲田

(7月15日)
 関東第一の今秋ドラフト候補右腕・中村は登板しなかったが、背番号「10」の醍醐が7回1安打11奪三振で早稲田打線を完封した。

 3年生左腕は「夏の初戦で緊張したが、真っすぐがコーナーに決まっていた」と振り返った。「他のチームが(スタンドで)見ているかもしれないので」と、得意球のツーシームとチェンジアップは封印しながらの快投に米沢貴光監督は「落ち着いて投げていた」とねぎらった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年7月16日のニュース