ヤクルト 最下位逆戻り 上田“中途半端”命取りに…

[ 2013年7月16日 06:00 ]

<D・ヤ>8回1死三塁、DeNA・モーガン(奥)に右越え2ランを浴びたヤクルト・石山

セ・リーグ ヤクルト3-4DeNA

(7月15日 横浜)
 ヤクルトは一瞬の状況判断が命取りとなり、最下位に逆戻りとなった。

 7回に3点を先制し、その裏の2死一、二塁のピンチ。鶴岡の左中間への飛球に中堅・上田が突っ込んだが、打球はその横を抜けて2者が生還した。小川監督は「中途半端だった。あの1点がなければね」と、回り込んで一塁走者の生還を止めるべきだったと指摘。上田は「捕れないという判断をしていればああいう展開にならなかった」と悔やんだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年7月16日のニュース