ソフトB 2年目嘉弥真がプロ初勝利「頭を叩かれたりして実感が」

[ 2013年7月16日 06:00 ]

<ロ・ソ>うれしいプロ初勝利のウイニングボールを手にする嘉弥真

パ・リーグ ソフトバンク6-2ロッテ

(7月15日 QVC)
 ソフトバンクの2年目左腕の嘉弥真(かやま)がプロ初勝利。

 4回2死満塁で登板し「(ピンチでの救援に)期待されているのかな、と。思い切り腕を振った」。根元を二ゴロに仕留めた。5、6回も無失点で切り抜け、逆転勝利を呼び込んだ。沖縄県石垣市出身の23歳。今年1月のグアム自主トレで師匠と慕う森福にアドバイスを受け、成長した。チームは勝率5割浮上。「みんなに頭を叩かれたりして実感が湧いた。(記念のボールは)両親に送ります」と白い歯を見せた。

 ▼ソフトバンク・秋山監督(嘉弥真に)スッといけたのが良かった。ずっといい状態でいる。

 ▼ソフトバンク・山崎(6回、代打で勝ち越しの2点二塁打)最高の仕事ができた。右方向を意識し、思い通りの打撃だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年7月16日のニュース