杉内 “甲子園男”8勝 巨人移籍後初失点も粘り勝ち

[ 2013年7月16日 06:00 ]

<神・巨>ウイニングボールを受け取ってナインを出迎える杉内

セ・リーグ 巨人6-3阪神

(7月15日 甲子園)
 正直だった。前半戦最終登板となった大一番で、菅野に並ぶチームトップの8勝目を手にした杉内は、ロッカールームから移動のバスまで、申し訳なさそうな口ぶりだった。

 「きょうは苦しかった。みんなに助けられました。苦しかっただけですね。ゲームを壊さなくてよかった」

 初回に3点の援護を受け、「3点を守ろうとしてしまったのかな」と本来の切れを欠いた。制球に苦しんだ。2回、先頭の新井を四球で歩かせると1死一、二塁から藤井彰の左翼線二塁打で1点。さらに能見にも四球を与え、西岡の中犠飛で1点差に迫られた。

 3回以降は粘ったが、6回に新井の左越えソロを浴びて今成を二ゴロに抑えたところで原監督に降板を告げられた。「僕がもうちょっと長いイニングを投げて監督を楽にしたかった」。それでも6回途中3失点だ。7日のDeNA戦(東京ドーム)からローテーションを変更し、中7日で打倒阪神に照準を合わせたベンチの期待に応えた。

 これで阪神を相手に通算10勝3敗。虎キラーとして大事な3連戦の初戦を取った。甲子園では昨年の巨人移籍後、25イニング目で初めての自責点がついたが、4試合通算で28回2/3を投げ自責点3。鹿児島実3年夏はノーヒットノーランも達成している。敵地でも、まるでホームのような感覚を持つ。

 「甲子園は相性がいい。ああいう黒土って好き。ほどよく硬くて回が進むごとに自分の形になる。高校の時から投げていますから…」。高校野球の季節を目前に、慣れ親しんだマウンドに感謝した。

 ▼巨人・亀井(一塁走者だった6回1死一塁、矢野の左前打でがら空きの三塁を狙い左翼・マートンの悪送球を誘って生還)勘が良かった。(三遊間に飛び込んだ三塁手の動きは)トップスピードに乗る前に見えていた。

 ☆杉内の98年夏甲子園のノーヒットノーラン 8月11日、1回戦の八戸工大一(青森)で達成。最速139キロながら、切れのあるカーブを駆使して16奪三振の快投。6回2死から四球を与えて完全試合は逃したが、打者28人に108球、史上21人目(22度目)の快挙を遂げた。試合後は「8回くらいから意識した。(投球内容は)100点満点です」と笑顔で話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年7月16日のニュース