登板機会はないが…ダル「いろいろ話を聞けるので意味がある」

[ 2013年7月16日 09:49 ]

記者会見で笑顔を見せるレンジャーズのダルビッシュ

 米球宴の前日に行われる恒例の全選手会見で、レンジャーズのダルビッシュは「去年よりは落ち着いてその場に普通にいられるから、成長したかな」と、少し照れた表情を見せながら2度目の晴れ舞台について語った。

 右僧帽筋の張りで故障者リスト入りしているため、マウンドに立つことはない。休養する選択肢もあったが、「いい選手がいっぱいいる。いろいろ話を聞けるので(来ることは)すごく意味がある」と探求心の強い右腕らしく意欲的だった。

 18試合で8勝4敗、防御率3・02だった前半戦について「最低限の仕事はやってきた。いろんなことがあった中で自分の準備を怠らなかったのは良かった」と背番号11。この2日間はそのご褒美になりそうだ。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年7月16日のニュース