イチロー「ジーターが長いこといないということが大きい」

[ 2013年7月16日 06:00 ]

<ヤンキース・ツインズ>3回無死一、三塁、カノの適時打で生還しベンチのナインに迎えられるイチロー
Photo By スポニチ

ア・リーグ ヤンキース4―10ツインズ

(7月14日 ニューヨーク)
 【ヤンキース・イチローと一問一答】

 ――内容の悪い試合で前半戦終了。

 「チャンスでしたからね、このシリーズは。貯金10にして終わりたかったね。きのうの(敗戦の)時点で、それはなくなったんですけど」

 ――現時点で首位レッドソックスと6ゲーム差。

 「選手たちはここ(ヤンキース)に来ると、やっぱり何とかしようという思いがだんだん生まれてくる。しなきゃいけないという思いから始まって、何とかしたいという純粋な思いが生まれてくると思うんですよね。それは恐らく、他のチームにはない。そういうのがここにはあるはずで、それが前半戦にあったと思うんですよ。4月、あんな(故障者続出の)不安定な状態でのスタートでしたけれども、何とかしたい、何とかしないと、というところで、いろんなことがかみ合った事実がある」

 ――今のチームの雰囲気は。

 「勝つといい雰囲気になるけれど、負けるとね。その差が今のチームにはある感じがするんですよ。そこが安定している感じがしない。ちょっとらしくないといえばらしくない。チームとしてやっぱり、ジーターが長いこといないということが大きいと思う」

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年7月16日のニュース