能見 自滅5失点 「慎重になり過ぎ」2年ぶりの4四球

[ 2013年7月16日 06:00 ]

<神・巨(12)>初回2死満塁、能見(中央)は村田の中越え二塁打で長野(右)の生還を許す(捕手・藤井)

セ・リーグ 阪神3-6巨人

(7月15日 甲子園)
 阪神・能見を立てた初戦を落とし、前半戦での首位奪取の可能性が消えた。

 巨人戦は3連敗となり、和田監督は「本音を言うと、何とか勝ちたかった」と唇をかんだ。初回の3失点が重過ぎた。能見は右打者へ生命線の内角直球が決まらず、3四球で2死満塁に。続く村田への初球、不用意な直球を中堅にはじき返された。能見は「3つの四球がもったいなかった」と力なく話した。能見は5回の阿部の一発を含めて2死から4失点。失策で失った6回の1点も先頭への四球からと、2年ぶりの1試合4四球がことごとく失点に絡んだ。今季本拠地最多4万6876人の観衆の前で自滅したエースに、指揮官は「杉内と投げ合うことで慎重になり過ぎたかな」と嘆いた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年7月16日のニュース