東葉 大金星!Aシード撃破、平野2失点完投

[ 2013年7月16日 06:00 ]

千葉大会2回戦 東葉5―2銚子商

(7月15日)
 東葉がAシード校の古豪・銚子商を破る大金星を挙げた。

 4回に藤代の犠飛と棚橋の中前適時打で2点を先制して主導権を握ると、投げてはエース・平野が緩急を駆使した投球を見せ8安打2失点で完投。今季限りで引退する小笠原俊樹監督は「選手が本当によく頑張った。まだまだユニホームを脱ぐわけにはいかない」。快投した右腕は「自分が監督を有名にしたい」と力を込めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年7月16日のニュース